ミキティ ~安藤美姫情報~

正式なブログタイトルは「LOVE&PRINCESS」:フィギュアスケートのミキティこと安藤美姫ちゃんの情報

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPファイナル09フリー

2009.12.08 (Tue)

      バンクーバー五輪内定!

        gpf09fs8v
      2大会連続オリンピック&GPF銀メダルおめでとう!!!


    美姫2位も2大会連続の五輪!

      引用記事:サンケイスポーツ

フィギュアスケートGPファイナル最終日(12月5日、東京・国立代々木競技場) つかんだ、金メダルへの挑戦権!! 女子フリーはショートプログラム(SP)首位発進の安藤美姫(21)=トヨタ自動車=が119・74点、計185・94点で2位。表彰台に立った日本人最上位者という条件を満たし、来年2月のバンクーバー五輪代表を決めた。2大会連続の代表となる。競技人生の「集大成」と位置づける夢舞台で、15位に終わった06年トリノ五輪の悔しさを晴らす。「世界女王」金妍児(19)=キム・ヨナ(韓国)が計188・86点で、2大会ぶり3度目の優勝を飾った。

天を仰ぐ最後のポーズを決めたまま、フッと安どの息を吐いた。会場に巻き起こる大きな拍手を受けて、ゆっくりとミキティスマイルが広がった。「素直にうれしい。でも、もっと強い選手になって五輪の舞台に立ちたい」。計185・94点の2位。2度目の五輪切符の喜びを静かにかみしめた。SP首位で迎えたフリー。ヘビをあしらった新衣装に王冠の頭飾りをつけ、テーマとする絶世の美女クレオパトラを演じ切る。不安定な2連続3回転を回避し、冒頭から3回転-2回転、2回転半-2回転と立て続けに連続ジャンプに成功。課題の演技点でも「世界女王」金妍児に0・40点差と迫り、5度目のファイナルで初めて表彰台に上がった。

            gpf09fs5

雪辱の思いが支えだった。ブームともいえた注目度と、女子による公式戦ではミキティしか成功していない大技4回転ジャンプへの国民的期待のなかで迎えたトリノ五輪は、重圧に押しつぶされた。4回転は転倒し、15位と惨敗。帰国後はさらに傷ついた。五輪前とは対照的に、周囲の人は潮が引くように去り、「もうやめろ」「太りすぎ」などという心ない手紙も届いた。屈辱をバネに-。人に流されず、アスリートとしての自覚が芽生えた。トレーニング法や筋肉の仕組みを自ら学んだ。カロリー計算で栄養管理も徹底し、いまではフィギュア選手にとって最適の10%台前半の体脂肪をキープ。プロ野球選手も担当する個人トレーナーの川梅義和氏(35)は「プロのアスリートでも漠然とケアを任せる人が多いのに、(美姫は)自分で体調を把握して、『ここをこうして』と的確に指示をしてくれる」と、意識の高さを証言する。

       gpf09fs6

だが、ここがゴールではない。表現力を示す5項目では8点台を4つ並べながら、金妍児に逆転を許した。今季、重点的に取り組む2連続3回転ジャンプは1度も成功しておらず、演技の完成度では差を感じている。4回転ジャンプも、先は見えていない。五輪まで、残された時間は少ない。22歳の誕生日を18日に控え、国内でのライバル浅田真央(19)=中京大=を置いて、日本女子のなかで最初に五輪への扉を開いた。「4年前のつらさがあるから今がある」。バンクーバーの夢舞台が、ミキティの笑顔を待っている。

スポンサーサイト

GPファイナル09ショート

2009.12.08 (Tue)

美姫ショート首位発進!!

      引用記事:スポーツニッポン

フィギュアスケートのGPファイナル第2日は12月4日、東京・国立代々木競技場で男女ショートプログラム(SP)を行い、女子では安藤美姫(21=トヨタ自動車)が、66・20点の今季自己ベストをマーク。65・64点にとどまった世界女王、キム・ヨナ(19=韓国)を抑えて首位に立った。今大会で日本人最上位メダリストになれば、10年バンクーバー五輪代表に内定。06年トリノ大会に続く2大会連続の五輪切符はもう手の届くところにある。

思わず頭を抱えた。はじけるようなスマイルではなく、浮かんだのは苦笑い。演技を終えた安藤のしぐさや表情からは、想像できないスコア――今季自己ベストの66・20点は、SPが得意な世界女王キム・ヨナを抑えて首位。だが、バンクーバー・ロードを明るく照らすロケットスタートにも、真っ先に口をついたのは正直な思いだった。「点数が出過ぎ。もうちょっと低いと思った。でも、点数はすごくうれしいです」

            gpf09SP1a

SPで首位に立つのは04年10月のスケートアメリカ以来、実に5年2カ月ぶり。今季開幕直前に使用曲を変更したが「魂の叫びとか神様に何か願いを込めたりするイメージ。自分のものになってきた」と、3戦目でフィットしてきた「レクイエム」に乗った。今季ここまで1度も成功していない3―3回転のコンビネーションは最初のジャンプで体勢を崩したため、2つ目を2回転に落として冷静に対処。「無理にいかずに切り替えてできた」。スピンで最低評価のレベル1はあったが、表現力が問われる5項目の演技点ですべて7点超えのハイスコアをマークしてカバー。4度目のファイナル出場で初の表彰台どころか、優勝を狙える位置につけた。

ロシア杯、NHK杯、そして東京開催のGPファイナル…。失意の15位に沈んだトリノ五輪シーズンと全く同じ大会スケジュールに、今季開幕前は「メンタル的にきついところがあった」というのが正直な心境だった。当時はロシア杯2位、NHK杯4位でファイナルに駒を進めたが、今季はGPシリーズ連勝と絶好のスタート。「自分も成長していかないといけない。成長をどう自分らしく演技に出せるか頑張りたい」。代名詞の4回転サルコーを封印するなどジャンプが絶好調とはいえない中で残してきた結果が、4年間の進化を物語っている。

       gpf09SP1b

5日のフリーでは、古代エジプトの女王・クレオパトラを演じる。10年バンクーバー五輪代表に内定する日本人最上位メダリストではなく金メダルも視野に入るが「結果よりも自分のやるべきことや演技に対する気持ちの入れ方が大事。表彰台に乗りたい気持ちはあるけど、演技に集中したい。小さなミスをしないようにしたい」と静かに気合を入れた。安藤らしく滑ればいい。夢切符は、もう目の前だ。

more »

NHK杯フリー

2009.11.15 (Sun)

             美姫 NHK杯優勝 !!  GPファイナル決定

             nhk09Vd3
              GP連勝&GPファイナル進出おめでとう!!


    逆転優勝!表現力で魅せた!ファイナル切符だ

       引用記事:スポーツ報知

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦NHK杯第2日(11月7日・長野市ビッグハット)女子フリーを行い、前日のショートプログラム(SP)2位の安藤美姫(21)=トヨタ自動車=は総合162・55点で逆転優勝した。GP通算3勝目。今季はロシア杯に続いて2連勝となり、2季連続5度目のGPファイナル(12月3~6日・東京・代々木第一体育館)出場を決めた。

演技を終えると、安藤は4240人の客席に向かって笑顔で手を振った。SPで首位との0・32点差を逆転し、自身初のGP2連勝でファイナル切符を獲得。「消化不良で心からうれしいとは言えない。ラッキーが90%。練習しないと勝てないと身をもって感じた」。大人になったミキティは勝っても気を引き締めた。ジャンプへの不安から「人生最悪の演技」と自己評価したSPから一夜明け、「楽しんで滑ろう」と心機一転。モロゾフ・コーチからも試合直前に「エンジョイ」と声をかけられたという。優勝した10月のロシア杯から衣装もチェンジ。蓮(はす)の花とワシをモチーフにしたというド派手な勝負服で古代エジプトのクレオパトラに成りきった。

             nhk09fs9

最初の3―2回転ジャンプは1つ目の3回転の着氷が乱れて単発に。次のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)―3回転は急きょ2つ目を2回転に落とす安全策を取って冷静にミスをふせいだ。後半の3―2―2回転ジャンプでは惜しくも転倒。それでも鬼気迫る表情で伝説の女王を演じ、構成点では目標の7点台を5項目すべてそろえた。

女子ではファイナル一番乗りだが、「レベル的にはまだまだ世界に通用しない。2連続3回転も2回転半―3回転も確実にして、気持ちも強く持てるよう練習したい」と課題を口にした。今季はジャンプより表現力に重きを置いて調整。それでも「もし五輪に出られて調子が良ければ、4回転をやりたいという希望もある」と大技挑戦への夢も明かした。
15位に終わった06年トリノ五輪からもうすぐ4年。ファイナルで日本人最上位で表彰台に上がれば、いち早くバンクーバー五輪代表に内定する。今度こそ夢舞台でメダル獲得へ、栄光のゴールに向かって迷わず進み続ける。

              nhk09fs10
           サンケイスポーツ   daylife(写真)

NHK杯ショート

2009.11.15 (Sun)

オトナの美姫「最悪の演技」も2位発進

     引用記事:デイリースポーツ

フィギュアGPシリーズ第4戦・NHK杯第1日(11月6日、長野市ビッグハット)女子ショートプログラム、GP2連勝を狙う安藤美姫(21)=トヨタ自動車=は56・22点の2位、中野友加里(24)=プリンスホテル=は54・92点で3位につけた。アシュリー・ワグナー(米国)が安藤と0・32点差の56・54点で首位。

首位と0・32点差の2位発進にも、安藤は納得いかない表情で首を振った。情感タップリにモーツァルトの「レクイエム」を演じきり、表現力はトップの点をマーク。それでも3回転フリップの転倒と、スピンのレベルを取りこぼした内容に「気持ちが入らなかったのか、どこか穴があいた感じで演技をしてしまった。恥ずかしい」と、うつむいた。

 自身が「13~14年のスケート人生の中で最悪の演技」と評したSPの裏には、複雑な“乙女心”があった。確実にGPファイナル出場を狙うために、ロシア杯後にニコライ・モロゾフコーチと相談し、3回転-3回転の高難度コンビネーションジャンプの回避を決定。ただ、安藤は「自分の中で今季のGPはトリプル-トリプルをやるつもりでいた。公式練習で3-2をやっていても、どこか物足りない気持ちがあって…。そこでの迷いが演技に出てしまった」と、完全に割り切っていたわけではなかった。

            nhk09sp3

同コーチが先週、織田信成に付いて中国杯に行っている間は、中京大で1人で調整を強いられた。「“これでいいのかな”っていう気持ちがある中で練習していた。不安が出てしまった」と、精神面での乱れを吐露した。

ただ、不安定な内面を抱えながらも、それでも結果を出しているのが今年の大きな成長でもある。3位以内なら五輪代表権の懸かるファイナル進出が確実。フリーでも4回転ジャンプ、3回転-3回転は回避する予定だが、最後には「ここまでは表現力で得点を取ることに力を入れてきたけど、今日からやっぱりジャンプに変えようかな。3-2で行くとコーチに言わせないぐらい、精度を高めないと」と、言い切った。完ぺきな演技でコーチの信頼とともに、逆転Vももぎ取ってみせる。

ロステレコム杯フリー

2009.10.30 (Fri)

美姫フリー1位で逆転優勝!!

      引用記事:サンケイスポーツ

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦・ロシア杯(10月24日、モスクワ)昨季世界選手権3位の安藤美姫(21)=トヨタ自動車=が、ショートプログラム(SP)の3位から逆転優勝。3季ぶりとなるGP2勝目を挙げた。クレオパトラをテーマに演じたフリーで1位となり、合計171.93点をマーク。自身、今季GP初戦で来年2月のバンクーバー五輪に向け、幸先のいいスタートを切った。

エキゾチックな手足の動き。身のこなし。「絶世の美女」になりきった、自信の笑顔をスタンドにふりまいた。リンク裏で優勝の知らせを聞いたミキティは、「うれしいというよりホッとした」。静かに感激をかみしめた。
07年世界選手権で女王に輝いたが、GPは出場16試合で2勝目。3季ぶりの優勝だ。古代エジプトプトレマイオス朝最後の女王、クレオパトラを表現したフリーでは2連続3回転を回避して3回転-2回転にするなどジャンプの難度を下げて臨んだ。2回転半の後ろにつけた3回転ジャンプで転倒。滑りのスピードも欠いたが、後半はミスなくまとめた。「ジャンプにはこだわらず、他の要素でレベル(評価)を取ることが一番の目標だった」と明かす。

      09CORfs3

21歳は転換期を感じている。世界女子の公式戦で大技「4回転ジャンプ」を成功させているのは、ミキティだけ。「ジャンプの安藤」という看板もあるが、今季は表現力へ強いこだわりをみせているのだ。艶やかなこの日の衣装は、クレオパトラが身につけていたものをイメージ。4着作成したなかから選んだ。ブルーのアイシャドーと太いアイラインで目元を強調したメークは、20分間もかけて自ら施した。「魅せる競技では(観客席)上の方のお客さんにも表情が伝わることが大事」。練習拠点を置く米国でのブロードウェーのショーで演技を吸収。メーク方法も研究した。

GPファイナルをかけて挑む11月のNHK杯(長野)でも4回転ジャンプを跳ぶつもりはない。「100%のものは五輪までに仕上げればいい」。注目や期待が重圧となり、15位に終わった前回トリノ五輪の経験を忘れてはいない。「(トリノから)4年たっているので自分も成長しないと」。客観的にみられる大人の自分がいる。大会中、日本勢で唯一の金メダルを獲った荒川静香から「(五輪の)1度目と2度目では気持ちの持ち方が違う」といわれ、「言葉の意味が今は実感できます」。地に足をつけ“艶技”を磨く。

             09COR表彰式7

     ・美姫、背伸びせず五輪へ好スタート!(サンケイスポーツ)
     ・美姫逆転V、クレオパトラ舞う(日刊スポーツ)
     ・美姫が逆転優勝!!(中日新聞オピリーナ)

        優勝おめでとうございます!!

 | HOME |  »

プロフィール

MCアゲハ

Author:MCアゲハ
FC2ブログへようこそ!

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2カウンター

MIKI ANDO

GPF2010フリー

彼女のスケートが見たい!

クリスマスカウントダウン

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。